新体制始動

2004年2月1日 10時06分 | カテゴリー: 活動報告

豊島・生活者ネットワーク総会

総会が終わりました。

議案書づくりも大変でしたが、豊島ネットはまだ設立2年目。完璧になんてできるはずがありません。ついつい日常に流されそうになりますが、焦らずじっくりと活動を大事にしていきたいと思っています。

 豊島ならではの活動をするには、豊島のまちをよく知らなくてはなりません。
まちを歩いて声を拾うと共に、目的を持った調査活動などを通して、より多くの生きた意見を集約して政策につなげることを目標にします。

 今年は、部会活動も広げます。
豊島ネットには現在、環境部会と福祉部会があります。去年環境部会では「ごみ」関連の活動をしました。福祉部会では特に活動が出来ませんでしたが、今年は人数も増えてきて、活発な活動が期待できます。

 手始めには、心身障がい者の自立支援の事業「クラブハウス」について勉強する予定です。
心身障がいを持つ方たちは、まずは保健所で、次に職業訓練所で訓練を受け、状態が安定してきても、その日その日で状態が変わることが多いために、企業で継続して働くことはむずかしいと言われています。

それを「クラブハウス」が企業と雇用の契約をして、その枠の中で調子の良い人を勤務に派遣する、というのが大まかな事業内容です。実際に働くことで、自信も持て、だんだんに継続して勤務できるようになるそうです。

 この「クラブハウス」は行政が主導だそうですが、豊島区には予算だけがあって、本体ができていない、と関係の方より聞きました。板橋区、小平市など4つの自治体では動いているそうで、まずは見学などを企画します。

 知らないことが多いのは、議会の中だけではありません。
まちの中も本当に知らないことばかりです。自分の生活と直接の関係がないと、知らないままに過ぎて行ってしまいます。多くの人が隣の人の問題を自分の問題として共有することで、いろいろな意見も交換でき、結果として住みやすいまちができるのではないでしょうか。
 豊島ネットをそんな情報交換の場にしていきたいと思っています。お近くの方、どうぞ事務所に遊びに来てください。遠くの方、インターネットを通じて、遊びに来てください。