一般質問無事に終了

2004年2月18日 23時36分 | カテゴリー: 活動報告

 水谷泉の一般質問は無事に終了しました。

 ただ、自治体によっては一問一答形式のところもあるのに比べて、豊島区は時間制限がありながら、その時間内で言いっぱなしです。
 答弁の時間は計算に入っていません。
 
 また再質問は2回まで認められていて、それには時間の制限がありません。

 とすると、再質問で演説をすることも出来るわけです。

 言いっぱなしの質問に対する答えが、一体どこの部分に対しての答えなのかは良く判らない場合も多くあります。

 前回の議会から区長の答弁の他に担当部長が答弁することになりました。そのことについても「ありがたみがない」等の意見もあります。

 一般質問とは、ある種の「高級な請願」と評されるように、単に仕組みがどうなっているかを訊ねるというよりも、要望事項があって、それに対しての施策、または可能性を訊ねる場面であることを議会にはいって初めて知りました。

 行政に対しては、情報の公開をあらゆる場面で求めるとともに、何よりもまちを住みやすくするには、まちの意見を聞くことが第一だと考えています。

 今回の議会はまだまだ長丁場ですが、とにかく元気に頑張ります。