寒い日が続きます

2005年1月15日 20時14分 | カテゴリー: 活動報告

 今日は1月15日、5年前までは成人の日でした。この成人の日と敬老の日、体育の日が日にちを定めない月曜日となってから5年が経ちました。
 よく覚えているでしょう、というのは、実は私の誕生日は10月10日で、それまではずっと体育の日で、何だか皆からお祝いをされているように感じていたのに、あるときから体育の日≠誕生日とは、大変なショックでした。

 土日が休みの仕事をしている人にとっては、月曜日がお休みだと3連休になることで、ゆっくり休める等で有難いのかもしれませんが、今の時代、決まって週末に休める仕事は減る一方なのではないでしょうか?まして曜日単位にカリキュラムが作られている学校などで年に3回も月曜日が休みとなると、ほかの曜日との格差による弊害が出ていると感じます。

 大学院は、通常の授業が終わり、来週からは集中講義の期間となります。補講の担当教員は、普段は立教の先生でなく、この時期だけ東京に来る、という方もいらっしゃいます。
 あまりに集中しすぎて、授業もする方も受ける方も相当なハードなものがあります。夏休み前もほとんど息も絶え絶えになったのですが、今回はもっとすごい!何せ、連続4コマ(6時間!)、3日連続というのですから考えるだけでも恐ろしい。
 おまけにその最終日(22日)は、後期の授業の課題レポートの提出期限と重なっているのですから、いったいいつその課題をやればよいのか、心底悩みます。

 と、泣き言ばかりを並べていますが、大学院に入学したことは後悔するどころか、市民活動についての総括や今後のあり方についての新しい視点を持つことができたこと、少しずつでも人とのつながりが拡げられていることを感じています。(学費は相当高く、工面がつかず、とうとう学費ローンまで組んでしまいました)

 大学院の1年生はそろそろ終了、豊島ネットの活動も3年目を迎える節目の時期になってきました。やることは山積み、情報は量もスピードもますます加速してくる中でも、毎日を前向きに元気に、そして大切に過ごしていきたいと思っています。