さわやかな日

2005年5月3日 20時33分 | カテゴリー: 活動報告

 写真は私が通っている立教大学です。
これだけ蔦が絡まっているので、さぞ夏は涼しい、環境建物だと思います。

 今日は大学の図書館へ行ってきました。余談ですが、山手線の大学同士では図書館の協力システムがあります。自分の大学の学生証で、他の山手線沿線にある大学の図書館を利用できるのです。3冊まで借りられます。もっとも男性は女子大には入れないようですが。

 図書館は昔から大好きです。これまで知らなかったことを新しく知ることは嬉しいですし、自分の足りないところを再認識することは大変勉強になります。といっても、あまりの勉強不足に焦りまくっているのが現実ですが。

 区議会の4階にある図書室について、予算委員会で少し要望を述べたら、環境(夏は寒すぎ、冬は暑すぎ、ドアを開けても暗くて空調の音ばかりうるさい)がぐっと改善されたことは嬉しい限りです。できれば蔵書が充実してきて、利用する人が増えてくるともっと良いと思います。これまで図書を購入する予算が、追録の購入でほとんどなくなっていたのが、追録の購入は中止にしたとのことですので、これからは期待できそうです。

 大学院に入学して、昨年1年間では、これまでになく本を読まざるを得ない状況にありましたし、これからはもっとだと思います。大学を卒業してから20年以上も経っていて、本当にアカデミックなものの考え方をすっかり忘れてしまっていた中で、何とか「研究者」らしい文章を書くことをに目標にしているところが多分にあると思います。

 そのせいか、議会報告のニュースでも、この活動報告の文章でも、少々回りくどかったり、あまりなじみのない言葉を使っていたかもしれない、と反省をしています。
 
 「誰にでもわかりやすい文章」をめざしているのですから、なるべくシンプルな文章を心がけたいと改めて思いました。