8月です

2005年8月2日 00時18分 | カテゴリー: 活動報告

 世間は夏休みでしょうか。
去年の今頃は大学院の集中講義に四苦八苦していました。
今年は前期の課題レポートも1つでしたし、(1つは捨てました)集中も取っていなかったので、去年よりもはるかに時間があるはずなのに、なぜか研究が全く進みません。

 今日は、修士論文のスケジュールチェック!(何て親切)の日でした。この間の報告会のあとのゼミのあとからも全く進展がなく、「これは本当にどう進めたらよいのか」という現実を直視することになり、少々(かなり)参りました。

 「自治を担う存在としての市民活動」ということが研究テーマでありますので、これは、まさに私のこれまでの活動のある意味での総括と今後の課題となると思って入学(入院)したのでなんとしてでも一定のものを書かなければと思っていながら、現実には、やはり難しいところもたくさんあります。

 
 月の初めだというのに、こんなに後ろ向きでどうしましょう。

 議会に行って2年、本当に最初は戸惑い、できることのあまりのなさに、これではいけないと思い、せめて大学院に行ってアカデミックな裏づけでもしよう、とした初心を忘れることなく、ここまで来たら何が何でも修了に向けての努力をするしかないと思っています。実は支持者の中には「大学院なんて行く必要がないでしょう。お金がもったいない。いくらでも議会で勉強できるでしょう。」と言ってくださった方もいらっしゃいました。(ちょっと無責任発言でしょう?)
 でも私はそうは思いません。議会で勉強できることはもちろんたくさんあります。地域の活動も大事にしつつ、一方では学究的な思索をすることは決して無駄にはならないと考えています。(そういえば、この間の大学院の進学説明会に、今の私の先輩がみえていたようです) 人生一生勉強だと思います。