昨日の続き

2005年8月4日 00時14分 | カテゴリー: 活動報告

市民の力

毎日暑いのに、風邪を引いたらしくず~っと喉が痛かったのですが、突然、治りました。

 昨日の続きを少し。
 下北沢の建物(COS下北沢)はいわゆる「パイロット・オフィス」かな、とも思ったのですが、それともちょっと違う印象です。とにかく行政(自治体)から委託を受けているわけではない。
 
 大学院での研究の一環として、昨年、さんざん視察に行った三鷹市では、似たようなものがあったような気がしました。
 今は三鷹市長の清原慶子さんが、まだ、三鷹市民として研究者として関わっていたときの著作(『三鷹が創る「自治体新時代」』)を読んでいたら、市民活動の歴史の古さ、そして行政側の受け入れ方、新しいことを始める時の市長の抵抗感のなさ、などを感じました。

 三鷹市の事例は、私の修士論文の事例にもしたいと考えているので、これからもまたいろいろな取材をする予定でいますが、同じ東京でありながら、23特別区と26市部とは財政面から何からが全く違いますので、単純に比べることはできないとの思いから、豊島区と似た規模の中野区の事例も研究しようと方針の一部変更を考えています。

 中野区議会には大学院の後輩(お年も期数も先輩ですが)がいらっしゃるので、協力をお願いしつつ、何とか形あるものを書かなくては、と思っています。大学院は大変ですが、とても面白いです。