日曜日だし

2005年8月28日 21時41分 | カテゴリー: 活動報告

ドイツ・ランド

 昨日ゼミ発表が終わったということもあり、少々気分的に楽になり、品川の新高輪プリンスホテルで開かれている「Deutsch-LAND ドイツ・ランド」(主催はフジテレビ)に行って来ました。
 今年と来年、「日本におけるドイツ」ということで、あちこちでさまざまな企画があり、ドイツびいきの私としては楽しみでもあります。5月の連休の時には六本木ヒルズで、ドイツの熊に世界各国のアーティストがペイントをしている企画にも行ったことがありました。

 今日は、夏休み最後の日曜日で、さぞかし混んでいるかと思いきや、それほどではありませんでした。写真は、ドイツの誇るぬいぐるみブランド、シュタイフのモーション・ディスプレイの一部です。機械仕掛けで動くぬいぐるみ達がさまざまな光景を展開していました。人よりもはるかに大きな熊たち(さすがにこれは動きません)がいたり、短い時間でしたが、のんびりとした時間を過ごしてきました。

 シュタイフのぬいぐるみは、大変高価です。日本では、大きくなくても、すぐ万の単位になります。ドイツでは、それほど高くはなかったように思いますが、それでも他のものよりははるかに高いです。それだけの価値が、今日の展示で判ったような気がしました。すべて手作りですので、1体1体、顔や趣きが違います。ドイツの職人芸がそんなところにも見えています。
 
 私はぬいぐるみも好きですし、何と行ってもドイツのワインに目がないのですが、今日、出ていたドイツワイン屋さんは、あまりの値段の高さに何も買うことができませんでした。(フランケン(地方)ワインが8000円ですって)日本ではよく”ドイツのワインは甘い”と言われますが、輸入量が少ないということもあり、爽やかな香りの辛口ワインについてはあまり知られていないのが残念です。

 8月も最後になりました。宿題を片付けるお子様方同様に学生の私もしっかりと秋に向かって研究を進めなければなりません。