ごみはなくさなきゃ!

2005年9月1日 17時45分 | カテゴリー: 活動報告

リサイクル・清掃審議会

 今日は2年にわたるリサイクル・清掃審議会の最終回で、区長へ答申を手渡しました。

 私は今年の5月からメンバーとなったので、それまでのいきさつを議事録から知るのが本当に大変でした。議題は「家庭ごみの有料化」についてです。今の時代の流れから有料化はやむを得ないだろうけれど、区民と行政だけがごみを減らそうとしてもそれは無理な話で、法整備を含めて考えていくべき、という生活者ネットワークとしても納得のできる内容になったことは喜ばしいことです。

 ただ、具体的にどうやって有料化をするかを決めるまでには、一部の地域でモデル的に実施をしてみたり、説明会を開いたり、意見を集めたり、という段階が必要なので、今日、答申が出されたからといって、来年度からすぐに有料化、ということにはなりません。
 東京の市部においては有料化が進んでいて、審議会としては日野市に視察にも行ったようでした。個別回収をしている地域であれば、有料化もしやすいでしょうが、豊島区のように、集団回収では、違反ごみを誰が出したかが判りにくく、適正な排出をするという意識が持ちにくいように思います。また、隣接区が一斉に有料化するならともかく、豊島区が先行した場合、無料のままの区に不法投棄することも考えられます。

 いずれにしても、区民が主体のごみ会議のようなものを作って、ごみのこと、豊島区のこと、日本の未来のことについて、積極的に話し合い、解決していくことが必要です。この「ごみ会議」は、私の2年前の初めての一般質問で取り上げたものでしたが、同じ趣旨のものが今日出された答申に盛り込まれていて、それは嬉しかったです。

※※
今日は区役所でのお仕事の話に終始しました。