大丈夫なの?民主党?

2005年9月9日 00時17分 | カテゴリー: 活動報告

鮫島むねあき個人演説会

 選挙戦も残すところ2日になっています。とにかく東京10区の話題の露出度が高く、連日テレビや新聞で取り上げられています。

 今日は午後7時から豊島公会堂で、民主党の鮫島候補の演説会でした。”特に要請はないけれど(この間電話かけに行ったときそんな予定があることを知った)、池袋だし、ちょっと聴きに行くか”のノリで予定はあけていました。昼過ぎになって、「動員」の要請が来ましたが、そんな、今日の今日では行かれる人もほとんどいませんでした。(ごめんなさいね。)

 ところが行ってびっくり。壇上へ??挨拶??そんな話も聞いていなかったので軽い気持ちで行ったのに?
 結局、皆さん方の演説が長くて、私は名前を紹介されただけでしたが、その名前も間違われる、という、はっきり言って「何で?」の思いをした会でした。
 東京・生活者ネットの代表の、練馬選出の山口文江さんの挨拶は、一番素晴らしかったです。都議選のときに民主党に苦しめられた?ということをチクリと言いながら・・

 今日集まっている人は、おそらく支持をしてくれる人たちでしょう。その人たちを相手に、いくら今の小泉政権の嘘を暴いても効果のほどはどうなんでしょうか。

 豊島ネットとしては、政権交代を目指して、いろいろと妥協しながらも推薦を決めたのに、何だかどうも選挙のやりかたやらなにやらに疑問を感じずにはいられません。(ってこんなこと、ここで書いてはまずいかしら。)

 じっくり話を聞けば「なるほど」と思うことはあるにせよ、報道の中では伝わっていないのが現状で、それに選挙体制を考えると、大変厳しい現実を認めざるを得ない状況だと思っています。

 有権者の皆様、小泉さんのいう「改革」の中身をちゃんと知っていますか?と聞きたいです。
 それから、選挙権が発効するのは住民票を移してから3ヶ月が必要なのに、被選挙権はどうしてそうではないのでしょう?だから落下傘候補があちこちに来るのでしょう。 不思議なことがたくさんあると思います。とにかく今回の選挙は厳しい、と思っています。