政務調査費の領収書のこと

2005年11月17日 22時48分 | カテゴリー: 議会のこと

 豊島区って、なんだかんだ言っても、やっぱりとても「田舎」です。
 なぜなら、私と日野さん(今は二人で無所属ネットという会派)が提出した、政務調査費の領収書を返してきたんですから。現時点では、領収書等の添付は義務付けられてはいないのですが、私と日野さんは出したのです。(この問題に命を懸けている行革110番さんももちろん出しています)

 義務付けられてはいなくても添付資料として提出していれば、情報公開請求があった場合には公開されます。でも、返されて添付されていなければ見ることができません。

 もっとも昨年度は「無所属ネット」は私と日野さんの他にも1人がいて、3人でしたが、提出したものは、私と日野さんの二人分でした。だから?という気もしないでもないのですが、それにしても”こんなことだから開かれた議会度ランキングの23区でワースト3位なんだよ”と言いたくなりました。

 せっかく大変な思いをしてコピーして出した書類を返さないで欲しいです。「原本」の提出の方がはるかに楽なのに、前前回の議会で「複写等」を出す条例提案にのったもので。
 感熱式のレシートなどはコピーしても何も見えなかったりして、事務作業の苦手な私としては血圧が上がるほど大変だったんですよ。それでも最後にはちゃんと出せたのでホッとしていたのに、返される??

 日野さん(会派の幹事長)に、”どうして?”と言ったものの、いろいろと作戦(この辺が私には全くわからないし、これからも解らないと思います。)があるので、今度の議会の初日までは、何もしない、ということでした。
 
 都議会でも政務調査費の領収書については「添付すべき」の立場の東京ネットですが、実際にどんな方法で出しているのかを伝授して欲しいと思います。(聞けよ、自分で?)
 少数会派の私としては、情報公開をするしかすべがないと思っているのに、その情報公開すら阻まれるということについては、本当にどうしたら良いのか、悩みは尽きないのです。
 
 議会開会間近で、請願の署名やら何やらの用事をしているこの頃です。 それも相当に複雑で、さて、私は大学院を修了できるのかしら、と真面目に不安になっています。