逃避生活

2005年11月18日 21時46分 | カテゴリー: 大学院生としての水谷泉

 論文が行き詰まり完全に逃避生活をしています。
もちろん、議会関連の活動は忘れてはいません。こちらが本業ですから。
 請願の人に会ったり、区民の方からの電話相談(訴え)に耳を傾けたりで思考が集中できないのは事実ですが。

 正副幹事長会があって、いよいよ議会も始まります。
果たして、区有財産の活用・再構築の案が出されるのでしょうか?
 しかし、区民サービスを削りに削っても、区民の財産を売らないと財源手当てができない、というのは随分情けない話です。お金が足りなくて、今年もミニ公募債を5億円分発行する予定ですが、これだって、5年後には金利をつけて返さなくてはならず、また新たな起債をすることになって、借金ばかりどんどん増えていくような気がします。

 
 逃避していても期限は来るのですから、そろそろ真面目に向き合わなくてはいけない、と解ってはいるのですが、それがなかなかね・・