本会議、一般質問初日

2005年11月29日 22時38分 | カテゴリー: 議会のこと

初日は一人が長いのです

 一般質問の初日は、大きな会派の議員さんの質問なので、一人当たりの持ち時間が長くて、聴いている方もなかなか大変です。
私どもの会派は1人当たり10分の計算ですが、14人でも140分ではなく、その辺は少数会派にだいぶオマケをしてくださっているのかもしれません。

 今日の質問は4人で、終わったのは5時半過ぎでした。
豊島区議会では、一方的にどんどん質問して、そのあとでどんどん答える形なので、自分が聞いたことに的確に答えてもらっているか、ということが、その場では判り難いのが困ります。あとで答弁書をよく読むと、「答弁漏れ」があったりします。あえて、答えていない場合もあるでしょうから、そこのところは鋭く突っ込まなければなりませんが、どうも素早く再質問をしてしつこく問いただす余裕が今の私にはありません。

 何せ、未曾有の財政難ですから、答弁も「ご指摘の点は、大変重要だと考えております。しかしながら、」と、とにかく「しかしながら」の連発です。結局は、”お金がないから、今すぐは無理”ということなんですが。
 
 予算要望の時期です。区民の皆様に広く意見を頂きたかったのですが、あんまり声が寄せられず残念でした。それでも、去年、一昨年と要望していることがほとんど実現していないので、懲りずにその点を今年も出します。明朝、財政課長に会派でとりまとめた(といっても二人分だけですが)要望書を提出します。

※※今日の写真は
 議会とは何の関係もありません。大変私事ですが、水谷の夫は趣味で絵を描いており、先週、同僚の方たち3人でグループ展を開きました。それを観に行ったときの写真です。