議会改革って?

2006年5月9日 17時12分 | カテゴリー: 議会のこと

 気がつくとこのページの更新を4日も怠ってしまいました。覗いてくださっていた皆様、ごめんなさい。特段、体調が芳しくなかったわけでもないのですが・・別のページで日記を立ち上げたこともあって、こちらにあまり私事を書くのもどうかな、と思い始めたこともありました。でも、日記の方もサボっていたのですが。

 さて、昨日は連休明けで突然やたらと忙しい日でした。
まず10時から、副都心委員会の小委員会。これは15日の委員会の「運営に関する事項」について会派から出てきた委員が申し合わせをするだけなので、まだお茶が熱いうちに終了しました。

 それからちょっと時間があって、3時半からは議会改革検討会でした。これはほぼ4人に1人の割で各会派などから委員を選び、私もそのメンバーです。ただ、私の立場は複雑です。最小会派の私ども無所属ネット(2人)と社民党1人と行革110番1人の4人の中から私が出ているのですが、会派ではないので、4人の代表というわけではありません。

 昨日は会長を決めるところから始まりましたが、その会の傍聴をどうするか、で意見がまとまらず、結局、結論は出ず、持ち帰りとなってしまいました。
 議員の傍聴は問題ないということで意見は一致したのですが、一般の人たちの傍聴を認めるかどうか、で意見が分かれました。

 でも、私としては、議会の透明性の確保のためにも、区民の皆様に、きちんと公開していくことはぜひとも必要だと考えています。
 内部的な会だとはいえ、議会がこれからどういう方向へと行こうとしているのかについては、結果だけでなく、結果が導き出される過程を含めて、情報の公開をすべきです。

 この問題にはどういう決着がつくのでしょうか。次回の検討会は5月29日です。