政務調査費をどう使う?

2006年7月29日 22時32分 | カテゴリー: 議会のこと

 昨日(28日)は、議会改革検討会でした。
政務調査費の使途について領収書などを添付することが決まったのですが、なかなかその様式などが決まりません。

 もう7月も終わりに近づき、4月から3ヶ月以上もたっているのに、様式が決まらないことには処理ができません。
 昨日の会議で、ようやく様式については合意点が見えてきたような気もしますが、会派に持ち帰って検討することが多くて大変です。

 内容についての話になると、これは本当にまとまらない、と思います。たとえば交通費ひとつとっても、私は、目的によって同じ130円の交通費でも費目が変わります。スイカカードを使って電車に乗っても、値段はわかりますから、それをそれぞれの費目につける、というやり方をしています。

 ところが、会派によっては、プリペイドカードなどを購入したときの領収書を一括して、調査旅費などに計上しているところもあるようです。

 次回の検討会では、内容にまで踏み込んだ話になるようで、ここからが大変です。私は、飲食を伴う会の会費は政務調査費にはしていませんが、これを「広聴費」として計上している会派もあります。確かにその会で、区民の方と、意見交換をすることはありますが、そういう会の会費はたいてい1万円という金額が、果たして食事代として妥当かどうかの判断は分かれるところだと考えます。新年会の時期は、複数の団体の新年会が同じ日に開かれることもあるので、それこそ乾杯だけで移動することもあるのに??

 その判断は、区民の皆さんがすることだ、と思うので、とにかく一刻も早くすべてを公開するべきだと思います。