一般質問発言通告を提出

2006年9月21日 00時34分 | カテゴリー: 議会のこと

 今日の正午が締め切りでした。議会の初日の2日前です。それによって、おそらく週末も返上で答弁が作られるのでしょう。

 今回の私の質問は、まだまだ諦めるわけにはいけない例のごみ(資源)処理について、区としては、明らかにこれまでの政策とは逆行するとしか思えない方向へ進むことについての質問をすることにしました。あまり毎回同じ話題でも、との思いますが、やはり私どものこれまでの活動を踏まえると、見て見ぬ振りはできません。
 その他は、今年度制定された、「障害者自立支援法」によって、事業者と利用者の状況と、自治体としてできることを質そうと考えています。

 一般質問は来週水曜日27日の午後の一番最後になると思います。地元としまテレビによって、区長の所信表明挨拶と一般質問のごくわずかが録画放映されることになりました。放映されることで、もしかしたら予想以上に多くの人が質問をすることになるかもしれません。
 会派ごとに質問の持ち時間は決まっていますので、何人質問してもどんどん時間が延びる、ということはないですが、どんなアクシデントがあるかどうかは当日にならないとわかりません。
 
 といってもおそらく私の質問は、議会のいっちばん最後の10分間でしょう。わたしの本心は、質問の順番や時間ではなく、その内容だと思うのですがいかがでしょうか。

 ※※今日の写真※※
 役所の昼休み企画として、今日は東京音大の学生と先生によるちょっとしたコンサートが開かれました。ジャズ系の音楽を30分ほど演奏していただきました。
 私もアンケート調査に協力しましたが、結果についてはぜひお知らせいただきたいと思いました。