食いしん坊・・

2006年10月27日 22時54分 | カテゴリー: 公務にておでかけ

沖縄より第2弾

 沖縄出張2日目です。今日はまたとても興味深い内容で、本当に参加することができてよかった、と実感しました。本当なら、ここでその報告をするべきでしょうが、それはまたじっくり次の機会にするとして?、沖縄で出会った食べ物のことを書かせていただきます。(ブログは写真が1枚しか入らないので)食べ物へのこだわりが激しい私としてはやっぱり一言は触れなくては?

 今日の研修会でも”弁当以外に昼を調達できない”との連絡があったので、1000円もするお弁当を事前に注文してもらっていました。(ところが、昨日のコンベンションセンターとは違っていろいろと食べるところもあったのですが。)

 でも沖縄弁当のユニークさには感動しました。1000円でも満足!まず、炊き込ご飯からひじきではない海草入り、豚肉入り。例によってSPAMですが、それに衣をつけて天ぷら??グルコンは例の青い魚でしょうが、キングって何?茎わかめのような炒め物はおそらくクーブイリチー??ミミガー(豚のどこでしたっけ?)の胡麻和えもすばらしいし、パパイヤ人参炒めはまず東京では見かけません。紅芋をつぶして衣をつけて揚げてあるものは、その甘さにおかずだかデザートだかわからないもので、その他にやっぱりパイナップルがついていました。

 その土地土地での特有の食べ物は、文化だと思います。栄養価のことだけでなく、気候にもマッチしていることを実感しています。以前、ドイツに住んでいたとき、それまでおいしいと思っていた同じものが全くおいしいとは思えなくなったことがありました。 地域の食文化は、もしその価値が数値化できなくても大事な意味があると思っています。

 私はその土地の独自の食べ物や飲み物を摂ることを心がけています。とにかく沖縄は面白い。写真の氷は、「黒糖ぜんざい」です。今日の会場の中の喫茶店のメニューを見たときは、いわゆるお汁粉の類だと思って「温かいのですか?」と聞いたら「いえ、冷たいです。」といわれたのですが、これなら東京では「氷ですが?」と聞きませんか?出てきたものは、「氷白玉ぜんざい黒糖味」で本当にびっくりしました。甘いものはあまり得意ではないのに、珍しいメニューを思わず頼んだのですが、面白かったです。白玉が5個も入っていました。小豆も大きかったです。東京なら普通に750円以上するところ、350円でした。
 2枚目の写真のケーキは、ものすごくアメリカチック・・昔アメリカに行ったときにそういうものがあった、と思い出してしまいました。やたらと大きくて細工が下手でただ甘そうな。(ごめんなさい)
 話が長くなっていますが、お茶も面白い。さんぴん茶はジャスミン茶のこと、うっぴん茶はウコン、ゴーヤ茶もあり、グァバ茶もあり、今日おいしかったのは、月桃アセロラ茶です。なんだか体によさそうではないですか?

 明日は沖縄の戦跡を訪ねてから東京に戻ります。