不思議な古武術

2006年11月1日 23時49分 | カテゴリー: 健康

 不思議なことばかり言っていますが、また不思議体験をしました。(見ました)
 
 健康づくり大学で、今日は古武術の甲野善紀さんによる講義がありました。最近はテレビや本でも注目を集めている甲野氏がほとんどボランティアで来てくださったそうです。

 ほとんど、忍者?のような雰囲気で、なにやら、「現代の科学では解明できない・・・」などとつぶやきながらいろいろな技を見せていただき、最初は、「へぇ~」「ほぉ~」と言いながら聞いているだけでしたが、受講生たちが実際にそのとおりにやってみると本当に驚きました。

 甲野先生の技で注目されているのは、古武術を使っての「介護」ということで、介護者も被介護者も負担がないような動きのようです。確かに、本当にスムーズに見えました。これまでさんざん見てきたような、介護する人のズボンの後ろのゴム部分を延ばすことなく、本当に自然に立たせる、抱えることができるのには驚きました。 そしてほとんど力を使っていないことがびっくりでした。
 
 それらを見ていた、周りの人が、いきなり近くの大きめな人を練習台に実習を始めたのにはまた別の意味で驚きましたが、それだけニーズが迫っていることだと痛感しました。

 正直言って、ビデオに撮るでもしなくては習ったことを実生活で応用することはほとんど無理だとは思いましたが、できれば改めてその技を実際に使えるほどになりたいです。