なぜか一日道路関連?

2006年11月9日 00時33分 | カテゴリー: 公務にておでかけ

 日比谷公会堂で開かれた、第17回東京都道路整備事業推進大会に出席しました。
 これは、毎年開かれ、議会からは、議長、副議長と、清掃環境対策調査特別委員会のメンバーが派遣されます。区役所のマイクロバスで出かけるのですが、私は、事務所の破損についての保険屋とのやりとりなどがあったため、自力で地下鉄に乗って駆けつけました。

 その大会の中では道路関連が特別会計から一般財源に移行するかもしれないことが、最大の関心事でしょうか。年末にははっきりするようです。
 また「真に必要な道とは」ということで整備を進めるようでしたが、無駄な公共事業を見直すことはとても重要だと思います。現在の東京都の平均旅行速度が20kmのところ、渋滞を緩和することによって全国の35㎞に少しでも近づけるべく、25kmという目標数値が出されたことですが、私としては、道路を整備することによる渋滞緩和ではなく、車に乗らない人を増やすことでもっと簡単に実現できるのではないかと常々思っています。

 最初の写真は会場の周り日比谷公園の花の様子です。
おまけといっては何ですが、そのあと私用で青山へ行きました。明治通り沿いに最近できた「b6」に初めて行ってみましたが、地形の関係もあるのかもしれません。エレベーターはありますが、いまどきここまでバリアフル?との印象でした。地下では庭石のようなものがごつごつと、お店の前まで続いていたり、トイレが変形した3角形のようで、これでは車椅子ではとても入れません。

 夕方からは、地元の道路整備計画の説明会に出席しました。40年以上前からの道路計画がやっとこのところ動き出しています。
「ブロック塗装」がよいのでは、?という意見も出ましたが、私は断固反対です。ハイヒールの踵がはまるし、自転車でもがたがたします。何よりも車椅子の人たちがスムーズに移動するためには少しの段差もバリアになります。

 3枚目の写真は、かわいそうな豊島ネット事務所です。
とにかくそう簡単には修理もできないようです。ブルーシートならずホワイトシートで覆っているだけなので、これから寒くなってきますので、何とか応急措置でもお願いしたいと思っています。

 特別にたくさん歩いた、という意識はないのですが、今日一日で14000歩強でした。驚きます。東京の人はやっぱりたくさん歩くようです。