やっぱり土曜日は忙しい・・・

2006年11月25日 23時20分 | カテゴリー: まちづくり

 最初の写真は、「開かれた議会をめざす会」です。今回は受付でしたので、忙しい思いをしました。岩手県や、兵庫県からも来てくださり、うれしかったです。

 「作ろう!議員の通信簿」というテーマで、基調講演は愛知学院大学の森正助教授の”選挙公約と投票行動の関連分析”などのお話を聴きました。
 名古屋市では選挙公報が配られないそうで、驚きましたが、選挙公約と投票行動には「関連がない」とことが明らかになったそうです。公約よりも議員の属性、「所属政党」「世襲」「期数」などが得票数を決めるそうです。(やっぱり)

 また、二元代表制、といえども現実には、機能していないのでは、と私も普段から感じていることをおっしゃっていました。
 とはいえ、地方議会の今後について、可能性はあるはず、というお話でしたが。

 その後のパネルディスカッションでは、8年間にわたって、すべての本会議と委員会を傍聴して、議員一人一人について「通信簿」を作成している相模原の市民の方、多摩市区議会ウォッチング、各議員の4年分の質問回数などをまとめている方と、議員が自分だけでなく全員の議会活動の統計を取ってニュースやHPで発表されている方2名が、それぞれの思いを熱く語られ、とても興味深かったです。

 2枚目の写真は、わが豊島ネットの事務局長、柿原歌子さんが、豊島区の委嘱学級のパネリストとして、発言しているところです。2週間前にも出席した「持続可能な社会をめざして」という連続講座の3回目です。清掃事業に関して、区内で活動する団体ということでした。(うちは、特に区内では?)どの方たちも共通して、2年後から実施されようとしている「廃プラスチック焼却で売電」には疑問を感じておられるようでした。製造者責任を明確にすることは法改正しかないのですが、区としても23区合同で運営されている清掃行政に、将来を見据えた意見を言っていくべきだと改めて感じました。

 実は、委嘱学級はまたしても2時間遅刻しての出席でした。何故か毎回、健康づくり大学と日程が重なる・・今日の健康づくり大学は、エアロビックダンス・エクササイズで、いつも汗が出ない私が汗だくになり、こちらもなかなか楽しかったです。昔は’エアロビ”と言ったものですが、最近は”エアロ”だそうです。”アクア”もあるから?

 土曜日は用事が重なり過ぎて、気がつくと、とっくに夜で驚きます。まだまだ行きたいところ、やりたいことがあるんですがね。本当はやらなければいけないこともある