政務調査費のこと

2007年2月20日 21時13分 | カテゴリー: 議会のこと

 豊島区では、政務調査費の使途について、領収書などの証拠書類の添付を義務付ける条例ができましたが、それは今年度分からです。でもそれでは不十分だとして、私の会派では、これまでの分も無理やり提出していました。

 「条例に定めのないものは受け取れない」として、区議会事務局から返却されてしまいましたが、しつこく提出したところ、重ねて提出されたものは返却する規定はない?とのことで受理されました。
 やれやれ、と思ったのも束の間、実は私の昨年度分だけがまたもや返却されてしまいました。

 理由は「条例には領収書などの写し」となっているのにもかかわらず、私が出したものは「領収書の原本」だったのです。
 これは失敗でした。さっそく、すべてをコピーして再提出しなくてはなりません。本心では、写しではなく、原本の方が好ましい、と思うのですが、条例には従わなくてはなりません。

 一方、区民厚生委員会が続いています。やっと今日1日かけて、議案と陳情の審査が終わりましたが、まだまだ報告事項がたっぷりあるので、明日もしっかり委員会です。
 予備日はあさってまであるので、予算特別委員会の間の予備日までは使わずに済みそうです。一昨年と比べると、「子ども関連」のものが所管から外れたことで他の委員会とのバランスが取れたことを感じます。
 明日からもまたしっかり委員会で報告を受けてまいります。質問もしますよ!