自分を含め、まちのひとの幸せのためにやっています

2007年2月27日 22時09分 | カテゴリー: 議会のこと

 予算特別委員会の款別審査の2日目です。
今日は、福祉費・衛生費だったので、聞きたいことがそれこそ山のようにありまして、本当に選択に苦慮しました。

 子育て支援関連のことは、1年前の私の修士論文のテーマでもあったので、いろいろと聞いてみたのですが、論文上で論じていたような理想的な答えが引き出せるはずもなく、たぶん皆さんにとっては意味がよくわからないままに私の持ち時間が終わったのでした。

 大学院への進学を決めたときに同僚からは「そんな暇あるの?」とも言われました。でも、院でのアカデミックな研究が政策提案に結び付けられると考えていたからこそ、あれほどの大変な思いをしても何とか修了にこぎつけたわけです。

 これからも決して持論を忘れる?ことなく、きちんと主張して行きたいと思います。