区長にアピール

2007年6月6日 23時26分 | カテゴリー: 環境を守る/よくする

 毎年、この時期は「シャボン玉月間」として、環境に関する自治体の政策へのアピールをするために、あちこちの自治体で首長さんからメッセージを頂いています。

 これまで何年も、豊島区長さんからもメッセージを頂いていましたが、去年は、市民団体の人たちと直接区長にお話を伺いました。
 ところが去年は、「廃プラスチック焼却」のことに話が及び、焼却反対の立場の私たちとは、微妙な緊迫感が生まれて、お世辞にも友好的とはいえない会談になってしまったのでした・・・

 ところが、今年は、財政が好転して、余裕が生まれてきたためか、とても建設的なヒアリングでした。

 ただ、”小学校の教育現場で、環境保全を主眼において、一貫性のあるカリキュラムにすべき”、ということは、前回の決算委員会で発言しているのにもかかわらず、まるで初めて聞いたかのような対応には、正直がっかりしながらも、これからの展開には期待をしています。