訓練は大事

2007年6月10日 17時34分 | カテゴリー: まちづくり

地域の防災訓練

 地元中学校で開かれた防災訓練に顔を出しました。
消防団や消防署の人たちが中心になって、グループに分かれて、応急処置、ポンプでの消火、火災報知機などの説明と実習をしました。
 
 驚いたのは、10時開始なので5分前くらいについたのに、既にグループに分かれて、しっかり始まっていたのです。防災課長に、「10時からじゃなかったんですか?」と聞いたら、「皆さん、早くにお集まりになったのではじめたのです。」だそうです。皆さん、気が早いですね・・・

 私の地域(町会連合会)の訓練ではなかったので、顔見知りの方は居なかったのですが、それでも100人くらいは参加していたようでした。

 いざというときに慌てないで対応するためにも、日ごろからの訓練や心構えが大事だということを改めて感じました。

 写真の1枚目は、防災訓練、2枚目、3枚目は、先週の日曜日に開かれた「レディース・スポレク大会開会式」の様子です。今年も立教大学の体育会応援団吹奏楽部(正式には全部旧字での表記です)の協力で、華やかに始まりました。