定例会始まる

2007年6月16日 11時20分 | カテゴリー: 議会のこと

 昨日、15日から、第2回定例会が始まりました。
初日は、区長の所信表明演説と議案、請願・陳情の付託だけなので、すんなりと終わる、のですが、始まらなければ終わりません。
 豊島区議会の場合は、初日、最終日の本会議前に必ず、全員出席の議員協議会があります。そこで、本会議のさまざまな議案説明などがなされます。
 
 昨日は、10時に議員協議会が開会し、すぐに「暫時休憩」となり、正副幹事長会が開かれました。とこれもすぐに休憩になって、会派会議となりました。一昨日から毎日開かれている正副幹事長会での持ち帰り事項があるので、この問題を各会派で話し合うためです。
 また、他会派から3件の意見書が提案され、それについての会派ごとの協議も必要だからです。

 議会は、新しい任期が始まり、メンバーもずいぶん変わりました。今回の新人は8人です。私のときは9人ですから、ここ4年くらいで、ずいぶんメンバーが替わったことになります。
 平均年齢もずいぶん若くなりました。

 「議席」というのがとても重要です。私の議席順はたまたま前回と同じ8番です。1人会派の人から若い番号のようです。
 本会議場や議員協議会室での席順は、新人、1人会派が前と決まっているようで、私はこれまでよりも少し後ろになりました。

 昨日は、私が進行役でした。進行役は会派ごとに廻ってきます。初日は、議案を付託するだけなので、進行役も発言回数が少ないです。これが最終日だと、採決があるので、その採決を促す役?もすることになるからです。
 自治体によっては、進行役がなく、議長がそこまで仕切るところもありますが、豊島区議会は、進行役が「議長!8番!」と叫び、「8番、水谷泉さん」と指名された後、「この議案は○○委員会に付託することを望みます!」とか「直ちに採決を望みます!」などと叫ぶのです。
 
 始まればすんなり終わる本会議の初日は、なにやかやで開会が7時間!遅れたために、終わったのは午後の9時前でした。これから29日の最終日まで、しっかり議会活動をしていきます。