忙しくても勉強は大事

2007年9月28日 23時02分 | カテゴリー: 議会のこと

 議会が始まって連日朝からやたらと忙しいのですが、昨日は会派で財政についての勉強会を行いました。
(最初の写真は、区長が挨拶を終えてお戻りになる瞬間です)

 都区財政調整制度(財調)というものはものすごくわかりにくいのが特徴です。おまけにいろいろな数字が定まらないために、なおもわかりにくくなっています。

 豊島区の会計は確かに単年度でみれば3年連続して黒字です。しかし、毎年78億円もの借金を返しているわけですから、区民生活の中では”黒字の実感”というものは全くありません。
 あと数年で借金返しが50億くらいにまで減るのでそれまでの辛抱?などと言われていますが、この景気がどれだけ続くのかは不明ですし、そういう不確定要素をあてにしない運営が重要だと思っています。

 財政については、国で定められた「財政健全化法」に関連して、個人的な勉強のために課長さんにこれまでもずいぶんご面倒をおかけした、という下地もあり、今回の説明はとってもよくわかりました。ありがとうございました。
 これから決算委員会が始まります。私は今回はメンバーではないのですが、前回予算委員としてつっこんだ事業がどうなったかについては、しっかりと確認しなくてはいけない、と思っています。まだまだ緊張の日々が1ヶ月は続きます。