雑司が谷宣教師館100周年記念式典

2007年11月4日 21時22分 | カテゴリー: 公務にておでかけ

 大変良い天気でした。
雑司が谷の宣教師館の100周年ということで、区民厚生委員として招待され、行ってきました。
 このあたりはまるで迷路のような地形?です。ほとんど車も入れないようなところで、おまけに残念なことにあまり知られていません。

 私の写真の後ろにあるのは、宣教師マッケーレブ師愛用の「ベッド」です。これが、このたび67年ぶりに里帰りしたそうです。また、彼とともに来日した女性宣教師のアリス・ミラーさん愛用のオルガンも借りることができ、その演奏も聴くことができました。

 マンドリン演奏、フルート、オーボエ、またコーラスなどの演奏がお庭で繰り広げられて、とてもよいひと時を過ごすことができました。
 暖かい日で、虫が多かったのは辛かったのですがね。