西池袋をよく知ろう

2007年11月13日 22時14分 | カテゴリー: 環境を守る/よくする

エコライフ講座

 日曜日(11日)のことになりますが、豊島区エコライフ課主催のエコライフ講座に出席しました。
 今回で30回目になるというエコライフ講座ですが、「お散歩でエコ」という街を歩きながら環境について考える、という企画は今回が初めてだそうでした。

 西池袋を活動拠点として、地元の人と外から訪れる人とのコミュニケーションを深めながら、西池袋の魅力を幅広い人たちに発信していく活動をしている、NPO法人の風土-Kazetsuchi-がエコライフ課に今回の企画を提案したところから始まったそうです。このNPOは立教大学大学院異文化コミュニケーション研究科の卒業生が中心になっています。

 先日立教大学大学院の3学科合同の6周年記念式典のときに、この団体の方と知り合いになり、今回の企画への参加を呼びかけられました。立教大学は私の家から徒歩5分くらいですし、今回の講座に全面的に協力するのは私の所属する町会、ということもあり、何とか時間の都合をつけての参加でしたが、とても楽しい企画でした。

 約20人の参加者を2つのグループに分けて、それぞれのコースをめぐりながら、環境を守る視点から「良い点」「悪い点」「改善すべき点」「参考にすべき点」などをそれぞれメモして、戻ってからワークショップ形式で意見をまとめ発表する、というものでした。
 参加していたのは、地元町会の方が多数でしたが、西池袋を良く知らない方、それから立教の学生、院生などでした。

 江戸川乱歩邸は外観を見るだけのはず(いつもは日曜日は休館)が、たまたま開いていておまけに無料で見せてもらえたそうで、思いのほか時間がかかりました。
 私がめぐったコースでは、重要文化財の自由学園明日館や立教大学、それから写真にもある巨大なケヤキ、など意外と緑(大きな木)が多いことに改めて気がつきました。ケヤキは大きすぎて、根が盛り上がっていて、家の玄関に上がる石段を破壊せんばかりでした。

 私が映っている写真は、西池袋公園です。この細長い公園が豊島区で一番広い公園というのですから驚きます。1人あたりの公園面積は、23区中ワースト1です。この公園が整備されずいぶんきれいになっていました。2枚目の写真は、立教大学の「すずかけの道」のすずかけです。
 また、珍しい「ジャコウアゲハ」が生息していて、学内あげてこの蝶の保護をする動きがあるとも聞きました。

 自分の住んでいる街を良く知ることも大事だと思いましたが、訪れてきてくれる方がこれまで私たちが気がつかなかった地元の魅力を発見してくださることにも感激しました。

 このNPO法人は、今回のフィールドワークでの意見を入れながら、「西池ガイド(仮称)」を作成する予定だそうです。
 私も、これからも参加していかれたら、と思いました。
講座を終えて、帰宅しようと思ったら突然の異常な雷雨で本当に大変でした。