公共施設などの今後について

2008年4月11日 21時26分 | カテゴリー: 委員会など

特別委員会

 今日は所属する特別委員会が開かれました。
特別の財源手当てをしなくても予算編成が出来る、とはいうものの、ある程度の施設(土地)の売却や貸付は収入として計上されているのです。

 6月14日に開通する副都心線の雑司が谷駅ですが、ここは出入り口を作るために区の施設が削られてしまいました。テナント3つ分をどこかに貸す、というものの1つはどこかのコンビニになりそう、という以外は、地下鉄が開業してからお客層を見てからの募集とのことでした。
 地下鉄の出入り口を作るためにこれまでの図書館が閉館せざるを得なくなり、予約した本の貸し出し返却コーナーだけになってしまったわけですが、少しでもスペースがあるならば区民のためのスペースにならないのか、と思うのは私だけでしょうか。本当に難しいところです。

今日の写真
 3月14日にオープンしたサンシャインシティの屋上緑化です。宣伝チラシなどではもっと広大なお花畑のように見えるのですが、正直”えっ、これだけ?”という印象です。それでもないよりは良いか・・という感じですが。サンシャインは今年で創業30年です。池袋の顔として?頑張ってほしいものです。