一般質問、休憩動議出される!!

2008年12月3日 02時10分 | カテゴリー: 議会のこと

 1年ぶりの定例会での一般質問でした。
環境に関することのみの質問で、余裕を持って発言していたのですが、終盤に来て、コピーしたはずの原稿がない!!!
 
 さすがにこれは困った!と同じ会派の議員を見つめたところ、抜け落ちていた私の原稿を持って届けてくれました。壇上から降りて原稿を受け取り、「失礼しました」と言って、続きを読んで、最終的には通告した40分の時間内に発言が終わりました。

 さて質問に対する答弁はいかに?と楽しみにしていたのもつかの間、他の会派の議員から「議長!」と動議が出されてびっくりしました。曰く「水谷議員の発言の内容について、わからないことがありますので休憩をとって確認したいと思います。」趣旨の動議で「賛成」の声が上がり、急遽、休憩となりました。

 休憩の間に開かれた正副幹事長会では3点の質問がなされました。1点目は、”他人が持ってきた原稿は誰が書いたものか?”2点目は”この事態をインターネット中継でどうするか”3点目は”そののち事務局がメモ的なものを渡していたがこれは何か?”ということでした。

 一点目については、もちろん私の原稿に間違いありません。2点目は、発言がしばし途絶えたことは事実ですから、もちろんそのまま流してもらうことは当然、3点目については、これまたもしかして原稿が不足しているのでは、と心配してくれた同じ会派の議員による善意からの私の原稿そのものでした。

 「内容についてわからないので」と出された動議でしたが、よく聞いてみると、内容についてではありませんでした。
 
 今回の事態は、”前例がない”ことはその通りかもしれません。質問の際に、少しでも見やすいようにと拡大コピーをとったものをきちんと確認していなかったことは完全に私のうっかりミスでした。
 
 私が今日、壇上での発言中におそらくこれまで誰もしたことのない行動をしたことは事実です。
 議員として、本会議場での発言には非常に重いものがあることは重々承知していながら、結果としてその準備がきちんとできていなかったことに対しては反省をしきりです。以後は十分に注意してまいります。