雪の中の委員会視察

2009年2月28日 20時58分 | カテゴリー: 委員会など

 この冬一番の寒さ、どんどん雪が降ってくる中、子ども文教委員会の視察で、池袋本町保育園と池袋中学校の視察に行きました。

 1枚目の写真は、民営化に伴って施設改修をした池袋本町保育園です。
 アスベスト対策をはじめ、枠組みを残すだけでの大規模改修が終了しました。この週末が借園舎からの引越しだそうで、よい機会とのことで委員会視察となりました。
 住宅密集地の中に位置する保育園なので、大きなトラックは入ることができず(区のマイクロバスも入れないとのことでワンボックスカーを連ねての視察でした)改修には困難を極めたことが予想されます。

 0歳から6歳までの子どもたちが一日の大半を過ごす保育園、少しでもよい環境を作ってあげたいと心から思います。
 3枚目の写真は、わかりにくいですが、戸に指を挟まないようは設計、ぴたっとしまらないように扉が削られていてそこにゴムが貼られています。

 2枚目の写真は、池袋中学校の植樹の予定地です。豊島区の全小学校、中学校に植樹をする「グリーンとしま」が企画されています。この件に関して、子ども文教委員会に陳情が出されたのを受けての視察でした。ちなみに、この池袋中学校には、約240本の植樹が予定されているそうです。この件については、また報告することがあると思います。