オリンピック招致イベントその他

2009年7月19日 00時59分 | カテゴリー: その他

 豊島体育館がリニューアルオープン記念としてのイベントが始まりました。
 東京がオリンピック招致に手を上げている年が2016年なので、今日は2016本のシュートを入れる、ということでミニバスケットの選手たちが集まってのオープニングセレモニーでした。そもそもこの改修工事は、オリンピック招致に成功した暁には、どこかの都市のチームの練習場所に設定されて、それではあまりにも古いだろうということで、耐震工事をはじめとした改修がされました。

 写真はその始球式の水島副区長です。バスケットボールもかなりの重量がありますし、ゴールまで届かせるのは大変です。立教大学体育会応援団の演奏に合わせて、ということでより一層緊張されたことと推察します。

 私はオリンピック招致には賛成していません。(今日は同じく賛成していない会派の議員もいらしていましたが)
 4000億円ものお金をオリンピック準備基金として積んでいる東京都に対して、オリンピックよりも先にすることがあるのではないか、と常に言いたい思いがあります。皆さまはどう思われるでしょうか?

 2枚目の写真は、私が今年度まで関わっていた「開かれた議会をめざす会」のシンポジウムでの1コマです。「ブログ市長」と言われている鹿児島県阿久根市長の竹原信一さんをお呼びしたところ、全国からの参加者があり、会場には立ち見が出るほどの盛況でした。
 大事なことは議会を変えることより、市民を変えること。そして「どんな都市を目指すのか?」の質問に「繁栄、繁盛、盛り上がりではなく、不幸な人がいない、落ち着いたまち」との発言には共感するところがありました。