千代田区議会へ行ってみました

2009年10月5日 18時19分 | カテゴリー: 活動報告

 大学院の友人の議員の紹介で、千代田区議会を見せていただきました。
 議場が「対面式」で「電子投票」を採用しています。議員が席について「出席」のボタンを押すと、自分の名前のところにランプが付きます。採決の時には、「反対」「賛成」それぞれのボタンを押すと、画面にそれが表示されます。事務局職員が「押し間違いはありませんか?」と尋ねるので、間違えた人は手を挙げます。すると違うボタンを押すことができます。再度事務局から確認があり、間違えた人がいないと、確定され、もう違うボタンを押すことができなくなります。
 
 各席にインターネット接続のできるジャックもありますが、現在は使われていないそうです。
 机はすべて可動式で、議会が行われていないときには、講演会などに使用するそうです。

 新しく庁舎整備を計画している豊島区にとても参考になるところがたくさんありそうでした。

 区役所の上にある千代田図書館(ここは豊島区の中央図書館がオープンする前に10時までの開館時間で大変評判になりました)で、月に1度、靴磨きのサービスがあります。足を出して磨いてもらうタイプではなく、脱いで机の上で磨いてもらうもので、毎回(といっても5回目でしたが)25人くらいの利用者があるそうです。ただ汚れを落とすだけでなく、革を保護することもしていただけるそうで、磨いてもらっている方の靴を覗いてみると、びっくりするほどぴかぴかになっていました。

2枚目の写真、左から、小平ネットの代理人、日向みさこさん、私、千代田区議の小林たかやさん、戸田市議の斉藤直子さん、あきる野市議の子籠敏人さんです。