モザイカルチャー世界博2009視察

2009年10月26日 23時23分 | カテゴリー: 活動報告

 静岡県浜松市で開かれている世界博を見に行きました。
何度も報告しているように、池袋西口駅前広場にモザイカルチャーの設置がいよいよ実現しそうです。
 
 実は区長が大型バスを仕立てて見学に行く、という計画があるのですが、あいにく同じ日に私たちの会派は視察にでかけてしまうので、一足早く同じく西口の先輩議員と2人で見学に行きました。
 
 浜松市のフラワーパークで開催されているこの世界博は、休日は大混雑とのことですが、今日はあいにくの雨模様で、直通バスもすんなり乗れましたし、会場もとてもスムーズに見学して廻ることができました。

 とにかくスケールが大きいことには驚きました。写真だとなかなか大きさが伝わりません。実際に駅前広場に設置することを考えると、大きすぎても手入れが大変、形はどんなものが?などと話し合いながら見て廻りました。平面よりも立体、人や風景よりも動物がかわいいかもしれない、などと勝手な感想を言いながら雨の散歩をした気分です。
 7月に視察に行った建設会社の作品が完成して転じてありました。次回の活動報告では途中経過と完成作品をお店したいと思います。
 
 池袋西口が環境都市をアピールする場所になるとよいと思っています。