障害があっても高齢になってもは当たり前

2009年11月7日 20時22分 | カテゴリー: 公務にておでかけ

 駒込福祉作業所の「駒込祭り」に出席しました。
最初の区長の挨拶で「障害があっても高齢になっても住み慣れた場所で自分らしく暮らす」という、生活者ネットワークがずっと前から提唱していた言葉が出てきたのにはびっくりしました。
 確かにその通りなのですが。

 お祭りを通して地域との相互理解が進み、さまざまな個性を持つ人たちがその人らしく幸せに生きることができるまちづくりが求められています。

 その後は西池袋中学校の文化発表会に行ってきました。
インフルエンザの影響で1週間延びての開催でした。PTA展示では、ほうじ茶の入れ方講座や各種の作品があり見ごたえがありました。
 
 昨年もそう思いましたが、2年生の「職場訓練」の報告がとても好きです。昨年は自衛隊に体験入隊した人がいて驚きました。今日は、その人(中3)が見に来ていて「今年は自衛隊へ行ったやついなんだ~}「そんなとこ行くの、おまえだけだよ」とのやり取りも興味深く聞き耳を立ててしまいました。子どもたちがいろいろな場面を経験して、将来の職業選択の可能性、幅が増えると良いと思っています。