広島へ行ってきました

2010年1月11日 06時35分 | カテゴリー: 文化も大事

柿手春三と池袋モンパルナスの作家たち

 アトリエ村資料室の関連で、掲題のイベントに出席するために広島へ行ってきました。

 池袋モンパルナスで活動をしていた柿手春三の出身地、広島県三次市の三良坂平和記念館と奥田玄宗、小由女美術館の2つが会場でした。

 講演会は板橋区立美術館の弘中学芸員によるものでしたが、会場がいっぱいになるほどの盛況で、柿手氏が地元でいかに愛されているのかを改めて知りました。

 2つの美術館を見学した後、北広島市まで足を伸ばして、やはり池袋モンパルナスの作家「靉光(あいみつ)」の生家を訪ねました。こころよく家に上げていただき、残っている絵やこれまで公開されていなかった遺影などを見せていただきました。
 いくら資料などでわかったつもりになっていても、その場に足を運び、空気を感じ、実際に自分の目で見たり、お話を伺ったりすると、まったく違うことを実感しました。