小学校入学式

2010年4月6日 12時39分 | カテゴリー: 公務にておでかけ

 池袋第3小学校の入学式でした。
 今年の新入生は50人で2クラスになりました。昨年よりも入学者が多いのは、おそらく2年後から目白小学校が建て替えのために仮校舎へ移転するので、そうでなければ目白小学校を選んだ人たちが池袋第3小学校へと流れてきた可能性があるのだろうと思います。

 1年生はみんな小さくてとても可愛くて、これからの小学校生活を楽しみにしているように見受けられました。迎える2年生は、鍵盤ハーモニカの演奏を披露してくれました。1年でこれほど成長するものだろうか、と思うのは例年のことで、自分の子どもが1年生になったときにも同じことを思いました。

 6年生が1年生の手を引いて席に案内してくるのですが、このお世話は入学式以降もしばらくは続くようです。私の次男が6年生の時に、しばらくお世話をした女の子、息子のことをずっと”女の子”だと信じていたそうで、卒業するころ「ばいばい水谷お姉ちゃん!」と言われたそうですが、今更間違いを直せなかったと言っていました。6年生の時に赴任してきた隣のクラスの担任の先生からも、彼はずっと女の子だと思われていたという、紛らわしい?子どもでした。

 話は戻りますが、今日から、春の交通安全運動が始まり、大きな交差点には、たくさんのまちのボランティアの方が立っていらっしゃいます。これから新しく学校に通う子どもたちをはじめ、特に最近事故の増えている高齢者の方たちが、横断歩道でないところは渡らない、などの交通ルールを守って、安全に移動していただきたいと思います。