池袋が人で溢れていた

2010年4月30日 06時25分 | カテゴリー: 活動報告

商人まつり&フラワーフェスティバル

 前日までの寒い雨から一転、春らしい日になった昨日、サンシャイン通りと中池袋公園、豊島公会堂を会場として、表題のイベントが開かれました。

 サンシャイン通りとは、東急ハンズがある通り(これは60階通り)よりも1本南側のかなり広い道なので、ここでは「よさこい」チームが次々と演技を披露しました。午後1時からは花の小鉢が配られ、多くの人が受け取っていました。まちのあちこちに花が飾られるのが楽しみです。
 
 豊島公会堂では、春の演舞として、さまざまな団体が踊りや太鼓演奏などを披露していました。ここでオープニングセレモニーが開かれました。マイクを持っているのは、小林副議長で、出席している議員の紹介をしているところです。

 中池袋公園では、商人まつりが開かれ、ここもまた大変な人出でした。今では商人まつりが区内の多くの地域で開かれていますが、ここ東池袋が最初だったのではないかと思います。

 私と一緒に写っているのは、那須塩原市の牛乳を宣伝している牛さんです。この牛乳、「パスチャライズド牛乳」で、何と私が毎日飲んでいるものなのです。一般的に売られている牛乳のほとんどは120度2秒殺菌の「高温殺菌」ですが、この殺菌法だと牛乳の成分が破壊されると聞いています。この種の牛乳には独特の”焦げ臭”がしますが、これを「牛乳の味」と信じている方が多くいらっしゃることはちょっと残念です。おまけに紙パックですと紙の匂いもしますし。

 これに対して、63度30分殺菌の「低温殺菌」がありますが、時間がかかりすぎて?価格が高い。「パスチャライズド」は72度15秒で、カルシウムなどはそのままで、価格もそこそこ。カルシウムが体に吸収されやすい形で残るそうです。
 友人のお嬢さんが中2の時に、高温殺菌牛乳を飲んでいる1年間、1ミリも身長が伸びなかったので成長が止まったのかと思っていたら、またパスチャライズドを飲むようになったら、身長が伸びだした、という嘘のような本当の話があります。
 牛乳を飲んで、おなかがゴロゴロするという人も、この牛乳なら大丈夫という方も多くいらっしゃいます。
 どうせ飲むなら「パスチャライズド」。
 牛乳の話(宣伝)が長くなってしまいました。

 この商人まつりは今日も開かれるそうです。今日も良い天気のようです。たくさんの人たちに楽しんでいただけるとよいと思います。