第15回こころまつり

2010年11月13日 14時21分 | カテゴリー: 公務にておでかけ

 長崎小学校を会場に第15回こころまつりが開かれました。
心の病への理解を深め、地域とともに活動することを目的に開かれています。

 今年度、長崎小学校は校庭が全面芝生化され、現在は養生中とのことで、例年は校庭で開かれていたフリーマーケットや植木市は体育館の中で行われました。伝統芸能である「長崎獅子舞」などが、長崎小学校の子どもたちによって披露されるなど、楽しい演目がたくさんで、周りのブースも大盛況でした。

 障害者自立支援法で、身体、知的、精神の3つの障がいが一元化されたとはいっても、これまで保健所が管轄だった精神保健福祉はどうしても他の2障がいとは一緒になりにくいのが現実です。政権が変わって1年以上経ちましたが、自立支援法の今後についてはまだ見えてきていません。より現実に即した実質的な自立支援法になるように地域からも声を上げていくことが必要です。