たまには自然の中で

2011年6月19日 20時59分 | カテゴリー: 環境を守る/よくする

足が痛くてしっかり屈めない・・
足が痛くてしっかり屈めない・・
 今日は区の環境教育事業「エコ探検隊」のジャガイモ収穫でしたので、約2年ぶりに畑のお手伝いに行きました。

 毎年大変好評の「エコ探検隊」です。しかし、何年も同じ畑にじゃがいもを作り続けたために、去年は連作障害による「ソウカ病」が発生してしまったので、今年は近隣の畑をお借りしての活動になっています。
 
 それにしても子どもたちの元気なこと元気なこと。昼過ぎまでジャガイモを収穫して、そのあと持参のお弁当を食べてから、こちらが用意した流しそうめんに大喜びでした。

 スタッフは朝から竹を切って、節を落として長い樋を作りました。そこに、大きな子どものスタッフが、そうめんの他にミニトマトやアメリカンチェリー、缶詰のさくらんぼ、そこまではまだしも、丸ごとのみかんやチーズやチョコボールまで流したので、子どもたちはもう大興奮!ついつい取り過ぎている姿も見受けられました。

 活動に参加してくれている大学生たちも子どもたちに大人気!今日は、竹を切って水鉄砲を作ったり、シャボン玉遊び、”だるまさんが転んだ”などを気が遠くなるほど長いことしていました。これだけ走り回れば今日は皆よく眠れることでしょう。お疲れ様でした。

 私は2時過ぎまで怒涛のような素麺茹でを担当し、そのあとは、畑の雑草取りを手伝いました(ちょこっとですが)。とにかくこの時期の雑草の勢いたるや凄まじいものがあります。
 
 自然の中で鳥の声を聞いたり土いじりをして作物の成長を見守ったりすることは、(いろんな虫がいて怖いけれど)都心に暮らす者にとっては、気分転換になり、心が癒されるものだと改めて感じました。