西口での活動に参加

2011年11月2日 09時48分 | カテゴリー: 環境を守る/よくする

薬剤をかけたあと、金属のブラシでこすり落とす
薬剤をかけたあと、金属のブラシでこすり落とす
 昨日は、池袋駅西口駅前広場での活動に参加しました。
 毎週火曜日は、アイポイント活動で、花の水やりなどをするのが恒例ですが、月に1度は、西池袋1丁目町会が中心になっての「ガム取り作戦」が行われます。

 路上に吐き捨てられたガムがいかに多いことか!黒くこびりついていて、ちょっとやそっとでは取れません。
 専用の薬剤をかけて、そのあと蒸気を当てながらこすると取れるのですが、その数は気が遠くなるほどたくさんあるのです。植え込みの縁にもたくさん黒いシミが目につきます。

 私たちが手入れをしている花壇も夜中には巨大なゴミ箱、灰皿と化しているとも聞いています。
 私の家のプランターにもタバコの吸殻が捨てられていることがあり、残念ながら豊島区の「ポイ捨て禁止」の条例がいかに知られていないかを思い知ります。

 それでも、タバコに関してはJTが積極的に灰皿を設置していますが、ガムは売りっぱなし。製造者責任ではありませんが、売った後の商品の行く末について、もう少し責任を持ってもらうわけには行かないのだろうか、と改めて感じました。