西口地区商人まつり

2012年7月1日 20時48分 | カテゴリー: まちづくり

 昨日、今日と池袋西口公園で、商人祭りが開かれ、私は地元のNPOのブースでジャガイモ売りをしていました。
 
 昨日は晴れて暑いくらいでしたが、お客さんは多くなく、今日は朝から雨模様、午後には本降りになってしまって、売り上げはあまり伸びませんでしたが、立教の学生さんたちも協力してくれての2日間はまずまず無事に終了しました。

 今年の植え付けは22種類、私は特徴と用途を調べて表にする係を担当しています。たくさんの種類があってとても楽しいですが、大別すると、”味のよいもの”と”面白いもの”に分けられると思います。
 今年はじめて植え付けた「グランドペチカ」は登録申請時は「デストロイヤー」だったそうですが、地が紫で、目(芽とは言わない)の周りが赤くて、プロレスラーのマスクのような楕円形のジャガイモです。(この写真を撮れば良かったです)
 味はサツマイモに近いようです。

 皮が赤くて中の肉が黄色いものは、サツマイモのように、ほくほくしているものが多いように思います。
 皮が紫で中も紫の「シャドークイーン」は、切って揚げると、まるでなすのようです。
 味が良くで人気のあるのは「キタアカリ」で、今年はずいぶんたくさん植えたようです。目の周りが赤いのが特徴で、肉は濃い黄色で、味もとても濃いです。
 「インカのめざめ」は、特に小型で、まるで栗のような味がします。これはあまりたくさんできないために、かなり高価です。

 ジャガイモにこんなにたくさん種類があって、味も特徴も違うのは本当に楽しいです。

 このじゃがいも売り(とアイポイント券との交換)は、7月21日からの「フラフェスタ」でも行います。
 たくさんの方のご来場をお持ちしています。