大河原さん議席を失う

2013年7月22日 06時28分 | カテゴリー: 活動報告

 参議院議員選挙が終わり、全力で応援していた大河原まさこさんが落選しました。一緒に応援して下さった方々、本当にありがとうございました。
 前回は108万票もの大きな支持をいただいてトップ当選した大河原さんが民主党から告示日2日前にまさかの公認はずしという事態になりました。
 候補者を一本化するなら、しかるべき時期(いつ?)に予備選でも行って決めるべきでしょう。ここで民主党への不信が最大限になったものの、とにかく応援するしかない、と17日間、全てに優先して大河原当選に向けて活動してきました。

 豊島・生活者ネットワークのHPにも書きましたが、戦う相手が違うというか、公認はずしに伴う民主党員の大河原応援への締め付けが激しくなるなど、身内同士の戦いになったり、同じような主張を持つ候補者との戦いになったのが本当に残念でした。 

 とりあえず改憲派と思われる人が3分の2には満たなかったことだけが救いですが、この先、日本がどのような方向へ向かうのかが心配でなりません。
 なにが「ねじれが解消」ですか。ねじれていてこそ参議院の存在価値があったのでしょう。自民党の圧勝で原発推進が進むことは間違いないと思います。既に、あの事故がなかったのように再稼働の動きがあちこちで出てきていることには怒りを覚えます。
 

 それにしてもここまで結果が出ないとは何といったらよいのかわからないほどです。投票率はどんどん下がっていますし、あまりにもがっかりしすぎて、思わず政治を諦めそうになるのですが、少なくともこれまで政治にかかわってきた私たちがそれではいけません。これからも決して諦めることなく、生活者の視点、女性の視点を第一に、ぶれることなく活動を続けていかなくてはなりません。
 これからもどうぞご意見ご提案をお寄せ下さい。