集団的自衛権の行使容認には反対

2014年7月2日 21時51分 | カテゴリー: 活動報告

6月30日、首相官邸付近の抗議活動に行ってきました。
戦争への歯止めがまったくなくなる集団的自衛権の行使容認は絶対に認めることができません。 戦後69年、日本は戦前のように戦争ができる国になってしまったことに深い悲しみを感じます。

 このことに関連して、議会に陳情が出されました。集団的自衛権の行使容認に反対する意見書の提出を求める陳情は6月30日に総務委員会で審査されたのですが、村上のり子さんが所属する会派の陳情の取扱いについて”自治みらい(民主、社民、ネット)は退席した”とツイートされてたのですが、ネット(と社民)は「賛成の立場」ということは、審査の中で、何度も発言しておりました。基本的に、「会派」は政策集団であり、会派内で意見が分かれることは避けてきたのですが、それはあくまでも区政に関してのことで、国政についてはイデオロギーの問題もあり、必ずしも一致しないこともありうると考えます。

 ネット(と社民)がこの陳情に「賛成」だということは7月4日の本会議最終日の採決で明らかになります。