豊島区でも再エネ利用をすすめたい

2015年9月27日 16時17分 | カテゴリー: 活動報告

 大きなタイトルですが、昨日、せっかく開いたシンポジウムは出席者が少ないし、なぜかまた、写真の向きが変です。みらい館大明という、駅から遠い開催場所にも問題があるかもしれないし、お祭りシーズンで行事はあちこちであるためかもしれませんが。

 それでも午後から同じ場所で区が主催で開いたセミナー第3回は関係者含めて30人くらいの出席者があって、まず成功なのでしょうが。

 最後の写真は私たちの団体(としまでエネルギーを考える会、私はそこの共同代表)が「節電ショールーム」として、できることから省エネで、窓に断熱材として効果があ

るプチプチを貼ったり、サーキュレーターを使って部屋の冷暖房を効率的に使うなどの提案をしている教室にご案内しました。

 サーキュレーターは本当に効果があります。夏はエアコンをつけなくても、窓を開けて扇風機もしくはサーキュレーターを使うことで、”我慢しないで”節電、省エネができます。

 ちなみ私の家は、蛍光灯が一つもない、全部が間接照明で、主にハロゲンランプ!というとんでもない地球環境に厳しい家なのですが、白熱球をLEDに替えたり、できるだけハロゲンを使わなくするなどで20%近く電気の使用量が少なくなりました。でも窓がないのが最大の難点です。家は何度も作り替えられないのですが、将来を見据えた家づくりは難しいです。