バターを入手

2015年10月6日 13時20分 | カテゴリー: 水谷泉の日常(ブログじゃないけど)

バター不足がとにかくひどいです。いつも頼んでいる製菓製パン材料屋さんでも銘柄の指定なんて到底難しくなってから2年以上。入荷予定すらわからないといわれるし。

 最近あちこちにできた富澤商店では、銘柄ごとに入荷日の表示がありますが、どれか1個しか買えません。

 このところ頻繁にお菓子を焼くようになったので、家にバターの在庫がないと不安になるのです。最近は、代替バターで作るお菓子の本まで出るくらい。

 TPPが大筋合意して、バターの輸入枠が新設されるとの報道はありますが、TPPは輸入品が安くなることばかりではありません。食料品に関してだけでも、安全性の確保の担保は全くないし、安い輸入品が増えることでそうでなくても低い日本の自給率がさらに下がってしまう心配もあります。医療や保険のことも心配です。日本に良いことなんてあるとは思えないTPP、安保法制もそうですが、日本がどんどんおかしな方向へ行っていることを心底憂います。(実はこの投稿は、9月の終わりに、全然別の観点から書き始めていたのですが、下書きを保存しているうちに、昨日TPPが合意され、後半、全く違う展開になってしまいました。)