できるだけシンプルなものを食べたい

2016年3月28日 09時24分 | カテゴリー: 活動報告

  1. クリームパンこのクリームパンの原材料を見てください。おまけにシールの印刷がずれていて全部が見えないし。

着色料により、とってもきれいな黄色のクリーム。水あめくらいはまだしも、グリシンは保存料でしょ。卵と牛乳で作ったクリームは常温では置きたくないですものね。これを味見した息子と私、気持ち悪くなったんです。

「とにかくおいしいクリームパン」とのことですが、私はもっとシンプルな材料が好みです。農産品の直売所で売っているというので、近所のおばちゃんの手作りかと思っていたら、全然違った。こないだうち自分で作ったクリームパンのクリームは、色は白っぽいけど(まだ言ってる)ちゃんと卵の味がします。

こないだのオレンジ色の黄身もそうですが、とかく”キレイな色”ってのがウケるんですね。だから、ハムでも明太子でもタクアンでも科学的なものがこってり入っている、昔から。食紅で色つけたご飯を出された時には本当に驚いた覚えがあります。

匂いもそうです。清涼飲料水、果汁が全く入っていなくても、なぜかそれらしいものができる実験は小中学生に大きな衝撃を与えるんだそうです。

日本ほどたくさんの添加物を食べている国はないと聞きます。

添加物を使わない、安全安心の食べ物がもっともっと増えていくと良いと思います。それにはまず、生活クラブ!