バネ指手術後2週間

2016年4月21日 08時50分 | カテゴリー: 活動報告

右手の中指がバネ指(腱鞘炎)が、ここ半年くらいどんどん悪化して、手は握れないし、字を書くのも箸を持つのも激しい痛みで、もはや限界になり、4月5日に手術を受けました。(ついでに軽症だった薬指も)画期的に細いメスを使うので、縫わないので回復が早い病院を紹介していただきました。確かに手術は15分くらいだったし、すぐに手が使える(といっても痛いけど)のには感激しました。バネ指の方に伝えたいです。「早く手術をした方がよいです」と。

今日、ドクターと話していてびっくりしたのは、「バネ指はパン屋さんに多いですよ、今度手術するのもパン屋さん」だそうです。やっぱり!
パンを作るときの、複雑な手の動きといったら日常生活とは全く違うということを日々?実感していましたから。特に手術した後は。バネ指と腰痛はパン屋の職業病かも。バネ指の原因は、加齢と使いすぎです。長年使っているとあちこちが老化するのは仕方がないことです。自分の体のあちこちを、いかに大事にだましだまし使っていくのかがこれからの課題なのですね。

手2004