鈴木ようすけさん、当選ならず

2016年10月24日 14時36分 | カテゴリー: 活動報告

IMG_3628IMG_3618 今年はとにかく選挙ばかりです。

私の住む東京10区は、衆議院議員だった小池百合子さんが都知事選に出馬したために空席となった衆議院議員を選ぶ選挙が10月11日から22日まで行われ、23日が投開票でした。

IMG_3660候補者は共産党の候補予定だった岸さんが辞退し、鈴木さんで一本化したものの、民進党の野党+市民連携、共闘への動きが正直、最後まで緩慢でした。それでも練馬と豊島の区民たちが市民連合「TeN2016ネットワーク」を結成し、積極的に野党4党や学者、文化人に働きかけを行い、最後まで応援をしました。
野党共闘といっても、違う政党ですから、違った思いがあるのは当然です。でも、安倍政権の暴走を許さない、戦争法案は廃案に、憲法を守る、原発は廃炉に、の点では一致しているわけです。

鈴木さんは、どこの政党からも推薦を受け付けなかったのですが、生活者ネットワークは、国会議員を持たない地域政党なので、推薦依頼があり、推薦を決定しました。

選挙戦は、大変厳しいものでした。まさに今、風に乗っている小池百合子氏が応援する人、ということで、個人名など知らなくても「小池さんの後の人」は超有利です。
その中で、意外と票を取った(失礼)ことは評価できます。彼の誠心誠意、政策を訴えかけることが多くの人に通じた部分も大きかったと思います。24日朝からまた街宣を再開している鈴木さんの今後の活動にも注目していきます。IMG_3663