としま情熱基金で優勝!

2017年3月12日 09時16分 | カテゴリー: 活動報告

IMG_4499昨日3月11日は、恒例の社会貢献活動見本市でした。今回で11回目になります。1回目から「ゼファー池袋まちづくり」のアイポイント活動として出展し、1日店番&説明をしてきましたが、3年前からは、私が共同代表をしている「としまでエネルギーを考える会」でも出展しています。

「としま情熱基金」とは、昨年始まったもので、もともとは池袋に本店がある”養老乃瀧”さんが考案し、お店でお客さんが「バクハイ(ビールとウィスキーを混ぜたもの」を1杯注文すると10円を基金として積み立てて、社会貢献活動をする団体に提供しようというものです。今年は養老乃瀧さん以外にも、マテックスさん、日本自動ドアさんなど、多くの企業から協賛金を得て、優勝団体には20万円、準優勝12万円、3位が8万円の活動資金が提供されるという素晴らしく太っ腹な企画です。

この基金への応募は活動開始から3年経った団体ということで、エネルギーの会は、ようやく応募資格を満たし、今回初めて応募しました。書類選考と5分間のプレゼンをして、審査され、なんと優勝!賞金、じゃなくて活動資金20万円をいただけることになりました。これはひとえに書類とプレゼンを一人で担当してくれた大越共同代表の働きです。

エネルギーの会では、自分たちで作るソーラーパネルを広めようとしています。先月の”組み立て体験学習会”には、驚くほど多くの人たちが参加してくださり、関心の高さを実感しました。(私はこのあと(本当はこの日の朝から具合が悪かった)インフルエンザを発症して、この報告もちゃんとしていなくてすみません)

いただいた活動資金で、モデルとなるソーラーパネルを購入して、もっと多くの人たちにアピールして、豊島区内に自然エネルギーを広げていきたいと考えています。

応援してくださった皆様、ありがとうございました。

これからも頑張ります。

IMG_4491 IMG_4493 IMG_4494