沖縄の県民投票、素晴らしい結果!

昨日、辺野古への埋め立てに関して、県民の意思を問う、県民投票が行われた結果、投票率は52%を超え、反対への投票が7割を超えた、と報道があり、大変喜ばしく思いました。反対の票数は、去年の県知事選で勝利した玉城知事の獲得票数をも上回りました。

これこそ、「お任せにしない」、「大事なことは市民が決める」行動です。

ただ、辺野古への土砂の流入は、止まることなく、相変わらず続いていることが残念でなりません。
県民投票に拘束力はありませんが、結果は重く受け止めるべきです。

今朝は、久しぶりに駒込駅前で街頭宣伝活動を行いました。
私たちの活動は、普段、どうしても山手線の外側、西側が多いのですが、2月は、目白、池袋、大塚、巣鴨、駒込と山手線の区内全駅で街宣をしました。これから、ますます活動を広域にしていきます。